fc2ブログ

修学院離宮

お茶会に参加すると「後水尾天皇・上皇」の宸筆によく出あいます。
和歌や書がお上手だったようで、華やかに床や寄付を飾っています。

そんな後水尾天皇が上皇になられてから造営したのが修学院離宮なのです。
一草一木に至るまでご自身の美意識を反映させるため、自ら粘土模型を用い何度も試行錯誤の上造られたのだそう。

上皇がここまで山荘造りに熱意を注ぎ込んだのは、幕府による干渉に嫌気がさしていたからなどとも言われますが、お蔭で後世にこのような素晴らしいお庭や王朝文化が伝わったとも言えるかもしれません。

見学コースは下御茶屋から中御茶屋、そして上御茶屋への3キロの道のりで、時間にすると90分ほどでした。

まずは下御茶屋から
上皇お好みの花菱紋の透かしが入った御幸門から入ります。
こちらのお輿寄せまでは上皇は輿でお越しになられましたが、その先は全てお歩きになったとのこと。
鑑賞用の池を配したお庭には有名な袖形灯籠などがあります。
建物は柿葺入母屋造りの寿月館があり、岸駒(がんく)作の虎渓三笑図が襖に描かれています。

次は中御茶屋へ
上皇も歩かれた田圃の畦道は、明治天皇の御幸の際に馬車が通れるように拡張されましたが、それでも長閑さの残る棚田に沿う道を進みます。
こちらは当初離宮に含まれておらず、光子内親王の朱宮(あけのみや)御所の建物楽只(らくし)軒と東福門院和子(二代徳川秀忠の娘)の女院御所を没後移築した客殿からなります。
こちらの見所は世に言う天下の三大棚の一つ霞棚です。
katuradana
互い違いに配された大小五枚の棚板が、いかにも霞がたなびいているようにみえるからこう呼ばれるそうです。
引き手は羽子板やぶりぶりの形になっていたり、床襖壁には和歌や漢詩の色紙をはり、釘隠しには美しい七宝細工が付けられていてとても華やかです。また、金とブルーの斜め市松模様も煌びやかです。

また杉戸も豪華で、作者不詳ではありますが、毎夜庭の池に泳ぎに出てしまう杉戸の鯉を留まらせるため、かの円山応挙が書き足した網が有名な杉戸はこちら
koiitado
住吉具慶作で祇園祭の山鉾も描かれています。
itadogion


そしていよいよ上御茶屋へ
田圃の道を戻り、大苅込を横目に見ながら棚田を登ります。
現在は稲が植えられていますが、稲が無い時には田毎の月を宿すのでしょうか・・・

御成門を過ぎ、高い刈り込みに囲まれた急な石の階段を登りきると、そこには大きく開けた景色が広がります。
yokuryuuike1
今までの高い刈り込みはサプライズのための演出だったことが分かります。
池の名前は「浴龍池」島の形を泳ぐ龍の姿に見立てたものと言われています。
池泉回遊式庭園となっていて、上皇は舟に乗って月や草木を愛で、詩を詠んでいた事でしょうね。

今の季節は青楓が美しいです。楓橋と青楓
kaedebasi
この涼やかな葉の様子は自然な感じがしますが、実は御所透かしという技法で葉が重ならないように庭師さんが整えたもの。この辺りも上皇のお好みが現されているのだと思います。

写真では建具が入っていますが、窮邃亭は月見のために建てられたともいえる物で、全ての建具を取り払うと素晴らしい眺めが広がったことでしょう。
kyuusuitei



梅雨の晴れ間の中の見学で緑が美しかったです。
紅葉の時期もさぞかし素晴らしい景色なのでしょうね。
ガイドをして下さった宮内庁の職員の方のお話では、雪の時期の修学院も趣があって良いのだそう。
見学者もまばらで、運がよければ?独り占めできるかもとのこと。
皆さまも参加されてはいかがでしょうか。


カーム株式会社では美術品骨董品の買取・無料鑑定を行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。


雛祭

三月三日は雛祭ですね。
女の子のいらっしゃるお宅では、もう雛人形を飾られたのではないでしょうか。
今日はお雛様について少しお話をしたいと思います。


雛祭の起源は中国漢の時代まで遡ります。
暦上の節目の日で奇数が重なる日=節句 にあたる3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の重陽(ちょうよう)に邪気を祓うという行事が平安時代に日本に入ってきて、宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形(かみひとがた)を川に流す「流し雛」へと発展したものです。
室町時代になると、宮中や武家では紙ではなく豪華な人形を飾り、厄除けと健康祈願のお祝いする行事と変化し現在に至ります。

ところで、皆さんのお宅では男雛と女雛はどのように並べますか?
向かって左が男雛、右が女雛というケースが多いのではないでしょうか。
結婚式の新郎新婦の並び方もこれに倣っていますね。
京都を中心に関西地方では天皇・皇后の古来からの並び方を手本に、向かって右側が男雛、左側が女雛というのが多いそうです。
しかしこれ以外の地方では、昭和天皇の即位式が京都の紫宸殿(ししんでん)で行われた際、天皇の高御座(たかみくら)が中央にあり、向かってその右方のややうしろに皇后の御帳台(みちょうだい)が置かれてあったことからそれに倣って現在の主流である向かって左が男雛、右が女雛になったようです。

また、三人官女の並び方は、向かって右から加銚子(くわえのちょうし)、三宝(京式は島台)、長柄銚子(ながえのちょうし)と並べます。

五人囃は能楽のお囃子方をモデルに、向かって右から囃子・笛・小鼓・大鼓・太鼓となっています。

間違いやすいのは右大臣・左大臣の並べ方で、天皇さん(男雛)から見下ろして左にあるのが左大臣、右にあるのが右大臣になりますので、向かってでは右にあるのが左大臣、左にあるのが右大臣になります。右近の橘、左近の桜も同様です。


雛人形の種類

享保雛(きょうほびな)
江戸中期の享保年間に流行したといわれるお雛様で、衣裳は金襴や錦をつかった豪華なもので、男雛は束帯姿に笏を持ち太刀をつけています。女雛は五衣(いつつぎぬ)・唐衣(からぎぬ)に似せた装束で、袴のなかに綿を多く入れて丸くふくらませ、宝冠をかぶり、檜扇を持っています。

有職雛(ゆうそくびな)
公家社会は位階や年齢によって着用する装束などが詳細に規定されていて、その公家の姿を正しく考証して作られた雛を有職故実に則っているという意味から有職雛と呼びます。有職雛は、男雛の装束の種類によって、束帯雛(そくたいびな)、直衣雛(のうしびな)、小直衣雛(このうしびな)、狩衣雛(かりぎぬびな)などと呼び分けられます。江戸時代中期以降上層階級が人形師に特注で作らせたもので、おもに公家社会や大名家で飾られ、近代以降も上層階級に好まれています。

古今雛
古今雛は、明和(1764~1772)のころ、江戸の上野池端の大槌屋が十軒店の人形師、原舟月に顔を彫らせて売り出したといわれています。写実的な顔と、見た目のきれいな装束が人気を集め、江戸ばかりでなく京都や大阪でも大いにもてはやされました。江戸末期のころには、雛の眼に水晶やガラスがはめ込まれるなどつくりも精巧になっていて、現在のお雛様に引き継がれています。

雛祭のお菓子
菱餅(ひしもち)や、ひなアラレなど、雛祭のお菓子は色々ありますが、「ひちぎり」は、京都で作られる雛祭の代表的な上生菓子です。今年はこちらをいただいてみたい事務員Nです。
ひちぎり

京の雛祭行事
京都では旧暦で雛祭を祝いますが、下鴨神社の流し雛、人形寺で有名な宝鏡寺の雛祭が有名ですが、各町家で家に伝わる雛人形を公開するお宅が多くありますので、春の京都散策に雛人形鑑賞を加えてはいかがでしょうか。

最後に、展覧会のご案内
現在名古屋の徳川美術館にて「特別展 尾張徳川家の雛まつり」を開催中です。尾張徳川家に伝わるお雛様や、お姫様の興し入れ道具の精密なミニチュア版である雛道具はため息が出るほど美しいです。



カーム株式会社では美術品・骨董品の買取、オークション出品代行、質貸付、美術品評価証明書の作成などを行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。
FD:0120-69-9911




尾呂窯

今回は美術商らしいお話

今回は、地元の焼物をご紹介します

この辺りは、志野や、織部、瀬戸など有名な焼物が多いですが、
その辺りは皆さんよくご存知だと思いますので
地元の焼物の中でもあまり知られていないものをご紹介しようと思います

尾呂窯(おろがま)

尾呂窯


現在の瀬戸市下半田川町尾呂にあった窯で、
江戸時代に、当時の禁窯令を犯して密造した隠れ窯の一つです

「隠れ窯」というだけあって確かな創業年代は不詳ですが、
操業時期は江戸時代中期頃17世紀末に開窯、18世紀前半まで存続したと考えられています
三右衛門と六兵衛という人物が焼き、後に見つかって、水野の陣屋で罰せられたとか、
発覚したという噂に恐れて逃走したなど、その閉窯には諸説ありますがどれも確証は無いようです

日用雑器は極めて少なく、天目茶碗、仏具、灯明具などが生産されていたと伝えられています

ここで隠れ窯の説明をしましょう
規則違反をし、密造を行なった窯のことです
江戸時代、各藩の窯業は窯場や生産される数に厳しい規則が定められているところが多く、
その中でも瀬戸は有名で、定められた戸主以外が窯を持つことが許されず、
見つかれば厳しい厳罰が与えられたといいます

しかし、その数が限られていた焼物は貴重なもので、密造が後を絶たず、
かなり入り組んだ場所に窯を構えて、作陶されたといいます


人目に触れぬよう、隠れて作陶が行なわれた窯は、大量生産には向かず、
一品一品が高値で売れる茶道具や仏具が多く焼かれました
伝世する物に、日用雑器が少ないのも、このような理由があったためではないでしょうか?

ここで、当時の厳しい規則、「禁窯令」についてのお話です

禁窯令とは、天正2年(1574年)に織田信長によって布かれたものです
見栄えが良く、芸術性の高い、瀬戸焼を好む信長が、故郷でもある瀬戸の焼物を庇護するために作ったもので、認められた物以外の焼成の一切を禁止したというものです
これが、瀬戸や美濃の物に限られたのか、常滑など近隣の焼物全てに対して出されたものなのかは、意見が分かれているようですが
いずれにしても、尾呂窯のあった現在の瀬戸市では認可なく作陶をすることは出来ず
隠れ窯という形で、細々と焼かれたのでしょう


焼物一つにも歴史があり、その時代の流れや文化があるのです
焼物の形や焼上がり、肌や釉薬など目に見えるものだけではなく
そこに隠れた歴史や人々の思いを感じながら鑑賞すれば
美術品の新たな魅力が見えてくるかもしれませんね



凡鳥棗

今回は、美術商らしいお話。

凡鳥棗の紹介です。

棗とは茶道具の一種で、お抹茶を入れる器です

凡鳥


利休の孫千宗旦の高弟、藤村庸軒の好みの棗で、
作は初代 中村宗哲です。
特徴としては、五郎塗(刷毛目が見えるくらい薄く塗られたもの)であることと、
甲に桐の蒔絵が施されていることです
この名前の由来には諸説あるのですが、
その中で、これはいいと思ったものを一つご紹介します

凡鳥とは、呼んで字のごとく、普通の鳥ということなのですが、
この二文字、重ね合わせてみると、
なんと「鳳」という字になるのです。
鳳とは、すなわち鳳凰のことで
それは、中国の幻の霊鳥
ありがたさの象徴のようなものです。

ちなみに茶道では、慶事や吉祥を特に喜ぶ文化があります
実際、鳳凰や鶴亀などのおめでたい文様を配したお道具がたくさんありますが、
その中でなぜ鳳棗ではなく、わざわざ凡鳥としたのでしょう?
そして、この棗には鳳や凡鳥はどこにもおらず、
桐の葉しか描かれていません

ちょっと不思議じゃないですか?
では、その言葉の意味を探ってみましょう

「鳳も別れてしまえば凡な鳥となってしまう」

これは、藤村庸軒が友と別れる悲しさを歌ったと言われ、
中国の風説から取った銘であると伝えられています。

次に桐の葉についてです

今日の日本でも家紋や貨幣などで比較的よく目にするものなのですが、
この桐の木と鳳凰には、実は縁があるのです

「鳳凰は、梧桐の木にしか休まず、竹の実を食へ、霊泉を飲む」

つまり、鳳凰は桐の木に宿るといわれているのです
それはお茶の世界でも有名なことで
鳳凰を題材としたお道具では、桐の文様と組で描かれることが多いです
壬生寺(みぶでら)裂という名物裂には桐の木に向かう鳳凰の文が施されています

裂


当時の茶人の心中を知る術はありませんが
友との別れという悲しいことを、あえて吉祥の文である鳳凰であしらうのではなく、
その象徴である桐の葉で表現したのであれば、
現代の美意識にも通じるセンスを感じさせますし、
お堅いイメージを持たれがちな茶道の違った一面や、奥深さを教えてくれます

余談ですが、鳳がオスで凰がメスだそうです

このように美術商らしい話も楽しいと思いますので
定期的に書くようにします

香木のはなし

香は古くから神仏に奉げるものでした。

日本で最古の記録としては、595年に淡路島に流れ着いた流木を島民が燃やしたところ、なんとも芳しい香りが漂い、驚いた島民が朝廷に献上したという話しが残ります。

東大寺の大仏開眼会ではたくさんの珍しい、貴重な香木が焚かれたそうです。

先日閉会した第63回正倉院展では、「香と香に関わる仏具」が多数展示されていました。

仏教では、灯明・花とともに「香」が仏を供養するうえで重要なものと考えられていて、14年ぶりに出展された香木「黄熟香おうじゅくこう」(通称・蘭奢待 らんじゃたい ベトナム産 長さ1・56メートル、重さ11・6キロ)は、天下第一の名香とされています。
過去に、時の権力者だった足利義政、織田信長、明治天皇の3人が切り取ったとされるところに白い付箋がつけられその場所を示しています。

rannjatai.jpg


そんな香木ですが、日本では産出がない上に、香りの生成に長い年月を要し、産出量が僅少なため、古来よりその価値は金に等しいとされてきました。

供給が減少の一途をたどる現在、値段も急騰しています。
香木の中でも最高級品の伽羅に至っては、最高品質のもので、小売価格で昭和末では5,000円/gだったのが、平成20年頃には2~3万円/gと高騰しています。


皆様のお宅にもなんだかよく分からないけれど、家宝になっている「木」はありませんか?
カーム株式会社では香木の買取もいたしております。


カーム株式会社では、美術品・骨董品の無料鑑定を実施しております。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
名古屋市中区栄3-35-44
カームアートビル2階
TEL:052-252-7777
FD:0120-69-9911
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
リンク
カテゴリ
カーム株式会社
名古屋栄で美術品骨董品の鑑定・買取・オークション運営・質屋を営んでいます。

カーム株式会社

Author:カーム株式会社
カーム株式会社のブログへようこそ!
お店は名古屋栄にありますが、お声がかかれば全国どこへでもご相談で伺います。
取扱品目は、茶道具・中国美術・絵画・掛軸・金製品・銀製品・象牙・陶器・蒔絵・現代美術・浮世絵・ブランド品などです。
美術品の格安販売もしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR