FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

並河靖之七宝記念館

ヤマザキマザック美術館において「エマイユの煌き」展を見てから、ずっと七宝が気になっていました。

先日京都に出向いた際に、安藤重兵衛・林小伝治・涛川惣助といった日本七宝の先駆者の一人である並河靖之の旧邸「並河靖之七宝記念館」へお庭と作品を観に伺いました。

並河七宝は、東京の涛川七宝と共に「両ナミカワ」として欧米で高い評価を得ていました。
並河は有線七宝が得意で、内国勧業博覧会や万国博覧会で受賞を重ね、後に現在の人間国宝にあたる帝室技芸員となりました。

記念館内では「ときめきの七宝」と題して繊細であでやかな模様の七宝が多数展示されていました。
※平成24年7月22日で終了

おそらく現在このレベルのものを作れる職人はもういないのではないでしょうか…
また国からの依頼で勲章製作をしていた時期があり、その展示もありました。

並河邸と言えば、小川治兵衛による作庭でも有名で、こちらは撮影可でしたので写真を掲載いたします。
DSCF0058.jpg
琵琶湖疏水から七宝研磨用の水を引いてきたことが、この辺りの近代的日本庭園群(南禅寺界隈疏水園池群)の始まりであったそう。

DSCF0057.jpg
変わったかたちの蹲

DSCF0059.jpg
石灯籠

DSCF0060.jpg
修学院離宮の網代欄干をまねたもの

DSCF0063.jpg
踏分石

DSCF0068.jpg
町家作り(木戸奥は通り庭)

秋には「並河七宝の記憶」展が開催されます。
平成24年9月14日~12月9日
こちらも楽しみです。

京都市東山区三条通北裏白川筋東入堀池町388


スポンサーサイト

有松絞り

毎年6月第一土日には名古屋市緑区有松において「有松絞り祭」が開かれます。

有松絞りは歌川広重の東海道五十三次鳴海宿に描かれているほど歴史があります。
竹田庄九郎らによって豊後の国の人が持つ珍しい手ぬぐいにヒントを得て始めたもので、それを東海道を旅する旅人らに販売したところ大変な人気となり、尾州藩の庇護もあり大きく栄えることとなったそう。

絞りの種類は100を超えていて、有名なところでは
縫い絞り
巻上絞り
鹿の子絞り
三浦絞り
蜘蛛絞り
柳絞り などがあります。
詳しくは有松・鳴海絞会館のホームページ

また、絞りで財をなした商人達は立派な蔵と町家を建て、現在もその江戸情緒たっぷりの町並みが今も残ります。
DSC_1138.jpg
DSC_1146.jpg

しかし隆盛を極めた有松絞りでしたが、幕府の崩壊により尾張藩の保護もなくなり、明治以降は徐々に産業が衰退していきました。

伝統工芸を守るため、きもの以外の用途や外国とのコラボなど、様々な新しい取り組みなども行われていますが、やはり後継者不足が深刻な問題ということ。

現在現役の先生方は80歳を超える方も多く、小さい頃から勉強や遊びよりも「絞り」をしてきていて、今の人が大人になってから取り組んでも先生方のレベルには成り難いのだそう。
また一人一技術(種類)のため、消えて行く絞りもあるのだそう。
このお話をしてくださった方は、30数年前に誂えた三浦絞りをお召しになっていました。もう手に入れるのは難しいとのこと。
お話を伺ったお庭
DSC_1151.jpg

実はこちらへ伺う前日、カームのビル内で開催された「着物のオークション」で、しつけのある正絹のきものより、古物の絞りの浴衣の方が人気があり、オークショニアが言った「今皆が何を求めているのか分かりますね」という言葉を改めて思い出しました。

有松絞りだけではなく、伝統工芸が衰退して行く中、私達はそれを黙って見ていてはいけない。
何とかしなければ、大切な日本の文化がまた一つ無くなっていってしまう。
と言うことで、私にできるせめてもの事としてブログ記事にさせていただきました。


カーム株式会社では、美術品骨董品の無料鑑定・買取を行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
リンク
カテゴリ
カーム株式会社
名古屋栄で美術品骨董品の鑑定・買取・オークション運営・質屋を営んでいます。

カーム株式会社

Author:カーム株式会社
カーム株式会社のブログへようこそ!
お店は名古屋栄にありますが、お声がかかれば全国どこへでもご相談で伺います。
取扱品目は、茶道具・中国美術・絵画・掛軸・金製品・銀製品・象牙・陶器・蒔絵・現代美術・浮世絵・ブランド品などです。
美術品の格安販売もしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。