FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桂離宮

先日京都市西京区にある桂離宮に行って来ました。
職員の方のお話ですと、今年はこの日が紅葉の一番綺麗な日だったそうです。

桂離宮の歴史を簡単に説明すると、後陽成天皇の弟八条宮初代智仁親王により、宮家の別荘として創建されたのが始まりですが、かの源氏物語の中でも「桂殿の跡地」として“月の澄む 川の遠ちなる里なれば 桂の影はのどけかるらむ”と詠まれています。
智仁親王により山荘の造営が始まり古書院が建てられました。親王が没せられた後は、二代智忠親王により中書院、新御殿、月波桜、松琴亭、賞花亭、笑意軒等が増築されました。この際には小堀遠州が造園に関わったのではないか?との推測もあります。


桂離宮の見学は下記のようになっていて、およそ1キロを60分でまわります。
katura025.jpg
※宮内庁作成のパンフレットから

桂川が流れる離宮の東側から北側には有名な「桂垣」があります。
DSCF1244.jpg
生きている竹(笹ではない)を特殊な方法で生垣にしてあり、維持が大変なんだそう。

後水尾上皇の御幸が何度もあったため、専用の表門とそれに続く御幸門があります。
紅葉と茅葺切妻屋根の「御幸門」
DSCF1259.jpg

桂離宮は茶室や書院をもつ数奇屋造のため、「松琴亭」の待合腰掛としての「外腰掛」があります。
DSCF1263.jpg
写真には写っていませんが、対面には大きな蘇鉄が植えられていて、今でこそ珍しくはないものですが、当時は大変貴重な植物で、薩摩藩島津家からの献上品だったそうです。日本庭園に蘇鉄とは少し違和感がありましたが、そう聞くとなんだかアリな気がしてくるものです。

洲浜
DSCF1265.jpg
灯籠を灯台に見立てて海を演出し、「天の橋立」に見立ててあるのだそう。
この池泉回遊式庭園には船着場や灯籠、手水鉢(蹲)が効果的に配置してあり、そこも見所になっています。

桂離宮で最も格の高い茶室「松琴亭」です。
DSCF1285.jpg
この青×白の市松模様の襖はあまりにも有名ですね。
狩野探幽筆による襖絵も格式の高さの表れです。
DSCF1277.jpg

峠の茶屋とも呼ばれる「賞花亭」連子窓が鄙びた味わいです。
秋には「たつた屋」春には「吉野屋」の暖簾がかかっていたそう。
DSCF1296.jpg

「園林堂」は宮家代々のお位牌が祀られていたところ
扁額は後水尾上皇の宸筆
DSCF1305.jpg

紅葉の中に佇む「笑意軒」は田舎家風の茶室
DSCF1309.jpg
ここでは様々な引き手が楽しい
「櫂」の引き手
DSCF1317.jpg
「矢」
DSCF1320.jpg
書院の方には「月」などもあり、スーベニアのモチーフにもなっています。

有名な「桂棚」もある書院・御殿は外からのみの見学でした。雁行形(雁の集団が並んで飛ぶ姿)並びと高い床が印象的な建物でした。
DSCF1329.jpg
月見台では月観や納涼の会が開かれたのでしょうね。
DSCF1333.jpg

最後の建物「月波桜」へ
ここは唐紙の襖が美しかったです。
DSCF1337.jpg
額縁に切り取られた秋の景色
DSCF1336.jpg
舟の底のように組んである竹の垂木
DSCF1341.jpg

とても手入れにお金がかかると言う「松」
奥の景色を隠して、その先に期待をもたせるという趣向
DSCF1350.jpg

外から見るだけでしたが、お輿寄せの「六つの沓脱」
六人の沓を並べることができるそうです。
DSCF1346.jpg


紅葉が美しかったこともあり、とてもとても美しい建物とお庭でした。
自然と融合している修学院離宮と人工美を追求した洗練された桂離宮
どちらもそれぞれに美しいものだと思います。

ブルーノ・タウトに「最高の芸術品」と言わしめた桂離宮
今度は雪の時期に行きたいと思いました。



カーム株式会社では、美術品・骨董品の無料鑑定を実施中♪
お気軽にお問い合わせ下さい。


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
フリーエリア
フリーエリア
リンク
カテゴリ
カーム株式会社
名古屋栄で美術品骨董品の鑑定・買取・オークション運営・質屋を営んでいます。

カーム株式会社

Author:カーム株式会社
カーム株式会社のブログへようこそ!
お店は名古屋栄にありますが、お声がかかれば全国どこへでもご相談で伺います。
取扱品目は、茶道具・中国美術・絵画・掛軸・金製品・銀製品・象牙・陶器・蒔絵・現代美術・浮世絵・ブランド品などです。
美術品の格安販売もしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。