スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳川美術館企画展「備前刀の系譜」

徳川美術館で開催中の企画展「備前刀の系譜」に行ってきました。


展示作品リストには名品が並んでいます。
※画像は徳川美術館のページからお借りしました

国宝 太刀 銘 正恒
masatune.jpg
平安時代の作で、八代将軍吉宗が将軍を退く際、尾張家九代宗睦が拝領した一口。


国宝 太刀 銘 光忠
mitutada.jpg
長船派鎌倉時代の作
尾張徳川家三代綱誠(つななり)が徳川五代将軍綱吉から拝領した一口。


国宝 太刀 銘 長光
nagamitu.jpg
長船派光忠の子供、織田信長の愛刀で、本能寺の変後、明智光秀が安土城より奪い、家老の津田遠江守重久に与えたという謂れあり。尾張徳川家へは、四代吉通が徳川六代将軍家宣より拝領した一口。


国宝 太刀 銘 国宗
kunimune.jpg
備前三郎の名で知られた刀工。尾張徳川家八代宗勝が、分家の高須松平家から本家・尾張徳川家を相続した折に持参した太刀で、もともと高須松平家初代義行が尾張徳川家二代光友から拝領した一口。

重要文化財 刀 無銘 一文字 名物 南泉一文字
itimonnji.jpg
鎌倉時代の作で、室町将軍家-豊臣秀吉-秀頼-家康と伝えられた一口。


重要美術品 太刀(菊紋)菊一文字
kikuitimonnji.jpg
鎌倉時代の作で、徳川五郎太献上
後鳥羽上皇が諸国の刀工を集めて太刀を作らせ、茎に菊紋を刻ませたことから菊御作、一文字派の刀工が製作に当たったことから菊一文字とも呼ばれています。
駿河大納言徳川忠長(三代将軍家光の弟)から尾張徳川家初代義直に贈られた一口。


葵紋散螺鈿黄金造太刀拵え 小太刀 銘 吉用付属
radenkosirae.jpg
尾張徳川家初代義直所用と伝えられる豪華な太刀拵。儀式用として作られ、公卿の装束を着けた際に用いられた豪華な拵え。


この他にも数多く刀・太刀・拵えが出品されています。
本阿弥家の折紙が添えてあるものもいくつかありました。


徳川美術館では、江戸時代から一度も刃を研いだことがないのだそう。
そのため刃文が綺麗に出てはいないが、昔のままの刃の状態がそのまま残っているのだそうです。


平成25年7月21日まで開催中
ぜひ足をお運び下さい。



カーム株式会社では、刀剣・武具・甲冑等の無料鑑定高価買取を実施中
お気軽にお問い合わせ下さい。
















コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 良いですよね、刀。

コメントの返信が遅くなり申し訳ございません。
刀を見ると心が落ち着く方と血が騒ぐ方といらっしゃるようですね。
刃紋や三所物など美しいものですが、私共は扱うときには怖さを十分知っているので、慎重になります。

常設展でも徳川美術館の武具の展示はみごとですよ
ぜひ一度ご覧ください!
最新記事
フリーエリア
フリーエリア
リンク
カテゴリ
カーム株式会社
名古屋栄で美術品骨董品の鑑定・買取・オークション運営・質屋を営んでいます。

カーム株式会社

Author:カーム株式会社
カーム株式会社のブログへようこそ!
お店は名古屋栄にありますが、お声がかかれば全国どこへでもご相談で伺います。
取扱品目は、茶道具・中国美術・絵画・掛軸・金製品・銀製品・象牙・陶器・蒔絵・現代美術・浮世絵・ブランド品などです。
美術品の格安販売もしています。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。